夢×挑戦ブログ>夢×挑戦応援団夢×挑戦ブログトップへ

夢×挑戦応援団最新情報

カテゴリ

  • 新たな挑戦者を紹介!
  • ブログピックアップ
  • 参加者インタビュー
  • 団長のひとりごと
  • 著名人応援メッセージ
  • お知らせ

最近のトラックバック

« 参加者インタビュー第12弾~憧れの作業療法士まで、あと一歩! | トップページ | 6月度の「挑戦報告!」 »

2007/07/23

悪天候にもめけず勝ち取った感動!

『夢×挑戦ブログ』応援団のアライです。


「海の日」を含む7月の3連休が終わり一週間が経ちました。


全国的にあいにくの悪天候に見舞われましたが、この3日間、“雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ”の思いを胸に「夢」に「挑戦」した「夢×挑戦者」のみなさまより、多数結果報告が寄せられております。


今回は、その中から注目記事を一つピックアップ。


以前コチラで「東京マラソン 2007 最終回」を紹介した、たくり~さんのブログ『It's a wonderful life !』より「24時間リレーマラソン(感想)」です!


24時間リレーマラソン(感想)


「中止になるんじゃないの?」と誰もが思うぐらいの雨。台風4号が近づく中、山梨県富士吉田市にある富士北麓公園にて開催されたコニカミノルタ24時間リレーマラソンに、ミクシィジョギング部の一員として参加してきた。


台風接近に伴いさまざまな催しものが次々と中止を発表する中、無事行われたリレーマラソンの大会(6時間に短縮)に参加してきたというたくり~さん。その裏には、一人のランナーとしてのリレーマラソンに対する秘めたる憧れが存在したようです。


走ることが生活の一部となってから憧れてきた駅伝。


「なぜ憧れていたの?」と問われれば、「走ることは基本的に孤独な世界だから、ランナーは他人との繋がりを感じられるこのたすきを欲してしまうものなんだ……。」と答えると思う。でもそんなに難しいことじゃなく、他人の思いを受け取るのは理屈を抜きにしてうれしいものだ。


そして…。


そのたすきが目の前に。


「お疲れさま」と声をかけ、たすきを受け取り走り出す。コースはいきなりの急な上り坂。一人なら歩いてしまうかもしれないが、たすきがそれを許さない。頑張って走って次走者へ。心地良い疲労が染み渡る。


悪天候に打ち勝つことで「憧れ」=「夢」をまた一つ現実のものとしたたくり~さん。更に最後に待っていたのはこんなうれしい出来事でした。


時間も残りわずかとなり、各チームの最終ランナーが走り始める。我々は事前に打ち合わせたとおりに順番に走っていたのだが、なんと最終ランナーの役割が私に回ってきた。


マネージャ会議出席のため走る順番を1回飛ばしており、「このまま終わりかな……」とちょっぴり残念に思っていたところだったので、他のメンバーには申し訳ないがとてもうれしかった。


沿道からの声援とハイタッチ。空からは大粒の雨。東京マラソンを思い出してかなり感動した。最後はチーム全員で手を繋いでゴール。


全員が最高の笑顔。


お疲れさま。それと、心からありがとうを送ります。


東京マラソンに続いての雨の中の奮闘。その甲斐あってか得たものは非常に大きかったようですね。


そんなたくり~さん、最大の「夢」は初めてのホノルルマラソン出場で4時間を切る"こと。大会の開催は12月、今度こそ青空の下、心置きなく「夢×挑戦」が果たせるよう、これからも力一杯応援させていただければと思います。


またみなさまも、『It's a wonderful life !』へ熱い応援メッセージをお寄せください。


※この記事は、今回紹介した記事にトラックバックしています

7月 23, 2007 ブログピックアップ |

投稿されたトラックバックは一時的に保留された後、公開されます。なお、誹謗中傷や、悪意のある書き込み、営利目的など事務局が不適切と判断したものについては掲載されない場合がありますのでご了承ください。

トラックバック一覧

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199627/15823322

この記事へのトラックバック一覧です: 悪天候にもめけず勝ち取った感動!: