夢×挑戦ブログ>夢×挑戦応援団夢×挑戦ブログトップへ

夢×挑戦応援団最新情報

カテゴリ

  • 新たな挑戦者を紹介!
  • ブログピックアップ
  • 参加者インタビュー
  • 団長のひとりごと
  • 著名人応援メッセージ
  • お知らせ

最近のトラックバック

« 尾川智子さんから応援メッセージ! | トップページ | 挑戦報告! みなさまの挑戦報告をトラックバック! »

2007/08/31

参加者インタビュー第18弾~新しく見つけた「声優としての自分」

『夢×挑戦ブログ』応援団のアライです。

「参加者インタビュー」第18回目は、『はな姉の養成所生活』のはな姉さんをご紹介。はな姉さんは、会社員・主婦・二児の母という三役をこなしながら、声優・ナレーターを目指して声優養成所に通っておられます。忙しい日々の中、常に明るく前向きなはな姉さんに、声優の夢や毎日の練習について色々とお聞きしました!
※下写真は、はな姉さんがレッスンの時に愛用しているゼッケンとシューズ。

はな姉さんがレッスンの時に愛用しているゼッケンとシューズ


――声優を目指すようになったきっかけをお教えください


はな姉さん(以下、は):声優は小中学生の頃の憧れの職業でした。学校で放送委員をやっていまして、マイクを通した声をほめられたのもきっかけのひとつだったと思います。当時、新聞に声優オーディションの広告が載っていて、ハガキを送ってみようかなと思ったのですが、親にも言えず、結局チャレンジすることはできませんでした。


再び声優の夢にチャレンジしようと思うようになったのは、昨年の秋頃にたまたまあるアニメを見たのがきっかけです。夢を与えるストーリーと、いきいきとしたキャラクターにひきつけられ、出演している声優さんも好きになりました。その頃、ちょうど仕事で悩んでいたこともあって、「私、子どもの頃何をやりたかったんだっけ?」「このまま夢にチャレンジしないでいいのかな?」と色々と考えるようになりました。もちろん、「年齢的なこともあるし、子どもたちもいるし、家族にも協力してもらわなくてはいけない」という迷いもあったのですが、会社の人たちで、まったく別の道に進むために仕事を辞めて専門学校に行ったり、留学したりと、夢を追う人が増えてきたんです。それで、「私もやってみよう!今しかない!」と思い立ち、声優の夢にチャレンジすることになりました。


――今年の4月から声優養成所に通われているんですよね


は:養成所の勉強は、どんな基本的なことでも私にとっては初めて知ることばかりですので、何もかもが新鮮で楽しいです。夢に挑戦して、本格的な勉強を始めることができて、本当に良かったと思っています。今はまだ勉強中の身ではありますが、会社員であり、主婦であり、母親である自分の他に、「声優としての自分」という新しい自分を得ることができました。「響く声を持つ自分」「声の演技ができる自分」と、声を使って色々なことができる自分が増えましたね。それに、夢への挑戦には年齢制限はないと思いました。養成所のクラスメイトは、私よりだいたい10~20歳年下の子たちばかりなのですが、レッスンで与えられるチャンスはみんな平等ですので、年齢は関係ありませんでした。


――ブログを拝見しましたが、すごく積極的にレッスンに参加されていますよね


は:レッスンは週に1回3時間で、1クラス約30人いるんです。一番最初の顔合わせの時に約30人のクラスメイトを見て、「3時間のレッスンでこの人数だったら一人一人に割り振られる時間はすごく少ないはずだから、自分から進んで先生に見てもらわないとダメだ!」と思いました。レッスンは教えてもらう場ではなく、毎日の練習の成果を講師に見てもらう場だと思って、積極的に挙手して発表しています。


だけど、一回だけなぜか遠慮して人に順番をゆずっていたら、自分が発表する前にレッスンが終わってしまったことがあったんです。他の人の発表を見るのも勉強にはなるんですが、やっぱり自分の発表を講師に見てもらえなくては意味がないので、その日は猛反省しました!それからはもう、常に一番に発表するようにしています。


――仕事・家事・育児と忙しい中、毎日どのように練習されているのでしょうか?


は:セリフなどは通勤電車の中で覚え、腹式呼吸や筋トレ、ストレッチなどの体作りは、家事の合間や入浴中などのちょっとした時間を有効活用しています。子どもたちを寝かしつけながら、その間に腹式呼吸したり、腹筋したりもしてるんですよ(笑)。


確かに自由に使える時間が少なくて「もっと練習したい!」と思うこともありますが、私なりに効率良く時間を使えているのではないかと思います。ただ、仕事や家事・育児をしながら声優の勉強ができるのは、家族の協力があってこそですね。レッスンがある日は、実家の両親が代わりに夕食を作ってくれたり、夫がシフト制の仕事に就いているので、休みを調整してくれたりしています。


――ご家族が夢への挑戦に協力してくれるのは素晴らしいことですね!


は:夫は、「声優になりたいの?いいんじゃない」と、初めから協力的でした。以前、夫もそれまでとはまったく異なる職種に転職したことがあったので、やりたいことや好きな道に進むことを理解してくれたんだと思います。実家の両親には最初、「しゃべることの勉強をする学校に行く」と、声優養成所であることを濁していたんですが、なんとなく察知したらしく(笑)、「誰でも一度はやってみたいものなんじゃないの」と認めてくれました。子どもたちも、「ママ、お勉強したいことがあるから、学校に行ってもいいかな?」と聞いたら、「いいよ」と言ってくれました。家族の協力なしには、私はレッスンに通えません。本当に感謝しています。


――今後はどのように夢に挑戦されていくのでしょうか?


は:最近、声を出すだけでなく、体を使った演技の勉強も始まりました。演技はほぼ未経験ですので本当に難しいです!でも、セリフ・動き・感情がひとつになり、相手とも呼吸を合わせられるように、どんどん演技を自分のものにしていきたいと思っています。


また、冬には養成所の進級審査がありますので、まずはそれに合格するのが目標です。それと、養成所を運営しているプロダクションの所属オーディションもあるそうですので、オーディション対象者に選ばれればと思っています。まだ今は夢への入り口から数歩しか進んでいませんので、何年先になるかわかりませんが、私の声の演技でたくさんの人に感動や色々な気持ちを伝えられるようになりたいですね。


ウォーターボトル、電子辞書、アクセント辞典、演技ノートなどのレッスングッズ


「皆様にも元気を分けてあげられるようなブログを書いていきたいです」とはな姉さん。その言葉通り、前向きで何事にも意欲的に取り組むはな姉さんのブログを読んでいると、自分も頑張らねば!とやる気が出てきます。クラスメイトの方にも好評だという『はな姉の養成所生活』。ぜひ皆さんもご覧ください。
※上写真は、ウォーターボトル、電子辞書、アクセント辞典、演技ノートなどのレッスングッズ。


仕事・育児・家事だけでもかなりの忙しさだと思うのですが、さらに夢への挑戦にも努力を惜しまないはな姉さん。はな姉さんの声が、TVなどから聞こえてくる日を「夢×挑戦ブログ」も楽しみにしています。「夢×挑戦ブログ」では、はな姉さんの挑戦をこれからも応援し続けます!


『はな姉の養成所生活』

8月 31, 2007 参加者インタビュー |

投稿されたトラックバックは一時的に保留された後、公開されます。なお、誹謗中傷や、悪意のある書き込み、営利目的など事務局が不適切と判断したものについては掲載されない場合がありますのでご了承ください。

トラックバック一覧

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199627/16293424

この記事へのトラックバック一覧です: 参加者インタビュー第18弾~新しく見つけた「声優としての自分」:

» 夢×挑戦ブログ★参加者インタビュー トラックバック はな姉の養成所生活 ♪おばさんでも声優・ナレータになれるのか?♪
先日初めてインタビューされてしまいました。5月頃から参加させて頂いていた「夢×挑 [続きを読む]

受信: 2007/09/01 0:33:14

» やさぐれ勝の恋 三 トラックバック 放浪舎
      三 「まあ、まあ」 綾子がまだ幼い頃、勝《まさ》を舌足らずでそう呼ん [続きを読む]

受信: 2007/09/02 15:49:27