夢×挑戦ブログ>夢×挑戦応援団夢×挑戦ブログトップへ

夢×挑戦応援団最新情報

カテゴリ

  • 新たな挑戦者を紹介!
  • ブログピックアップ
  • 参加者インタビュー
  • 団長のひとりごと
  • 著名人応援メッセージ
  • お知らせ

最近のトラックバック

« 「夢×挑戦」投票、第一回結果発表! | トップページ | 挑戦報告! みなさまの挑戦報告をトラックバック! »

2007/09/28

参加者インタビュー第22弾~男子新体操をもっとメジャーに!

『夢×挑戦ブログ』応援団のアライです。

「参加者インタビュー」第22回目は、『reportage』の横田泉さんをご紹介!高校の男子新体操部を中心に取材活動を行い、詳細な取材ルポと躍動感溢れる写真をブログで発表している横田さん。夢は「男子新体操をメジャーにすること!」と語る横田さんに、男子新体操の魅力や夢への挑戦について、色々なお話をお聞きしました!

男子新体操-団体


――まず最初に男子新体操との出会いを教えてください


横田泉さん(以下、横):高校生になって新体操部に入ったんですが、そこに一人だけ男子の先輩がいて、男子新体操というものがあることを知りました。それから2年生になり、大会で初めて男子新体操の試合を見て、「これは面白い!」と一気にはまってしまったんです。大学に入ってからは、男子新体操部のマネージャーをしていました。割と飽きっぽい方なんですが、男子新体操だけはずっと好きでずっと関わり続けているので、自分でも本当に好きなんだなぁと思います。


――取材とブログを始めたきっかけは?


横:昨年12月に、知り合いの紹介で青森山田高校の男子新体操部の練習を見に行ったんです。その時は、取材しようとか、ブログを書こうとかいう考えはまったくなかったんですが、一生懸命に練習する部員たちの姿を見て、「自分の大好きな男子新体操をこんなにも頑張っている人たちのために、何かしたい!」という思いに火がつき、今年の1月くらいから取材を始め、ブログを作りました。取材先は高校の男子体操部がメインで、これまでに関東近県の高校を始め、青森、京都、宮崎、佐賀などの高校を取材しました。平日は仕事がありますので、取材は主に休日や連休を利用して行っています。


――取材などでつらかったことや大変だったことはありますか?


横:好きでやっていることなので、正直つらいことはありません。取材の申し込みもだいたいすんなり通ります。むしろ、取材先の方々にはとても親切にしてもらって、良いことばかりです。GWを利用して佐賀、宮崎、京都に取材に行った時も、あらかじめ宿を取っておいたのに、監督やOBのご家族が家に泊めてくれたり、宿を手配してくれて、自分で予約した宿にまともに泊まったのは1回だけでした(笑)。本当に温かい方が多いんですよ。


――男子新体操部の選手たちの反応はどうですか?


横:学校によって違いますね。監督が厳しい高校の子たちは、質問にもキビキビと的確に答えてくれます。関東、関西の街中の学校の子たちは、気軽に話しかけてくれる子が多いですね。ただ、仲良く話したりしても、“友達”にはなっちゃいけないと思っているんです。友達のことって、近すぎて見えるものも見えなくなったり、ついついひいき目で見てしまったりしますよね。色々な高校を取材しているので、公平なルポを書くためにも、そこだけは気をつけています。


――これまでの取材で思い出に残るエピソードをお教えください


横:宮崎にある小林工業高校に取材に行った時、練習を見ているだけで涙が出そうになりました。選手たちの必死な気持ち、勝ちたい気持ちが伝わってくるんです。練習自体も体育会系の厳しい内容なんですが、誰一人として文句も言わずについていくんです。選手たちが必死になるのには、中学の時から一緒にやってきた仲間が他県の強豪校に進学してしまい、今は優勝を争うライバル同士になっているといった背景があったのですが、そういった事情を知らなくても、その一生懸命な姿には心を動かされました。


取材を通して、選手たちからは色々な事を学びました。考えて動くとはどういうことなのか、本気になるとはどういうことなのか、自分に勝つとはどういうことなのか。本当は自分で経験しなければ分らないことを、彼らの姿を通して学ぶことができました。頑張っている人の姿からは、年上とか年下とか関係なく、勉強することがたくさんあります。


――夢は「男子新体操をメジャーにすること」だそうですね


横:男子新体操をメジャーなスポーツにしたいのは、選手たちが将来、「男子新体操を仕事にしていけるような環境」を作りたいからです。現在、男子新体操関係の職業と言えば部活の指導者ぐらいしかなく、どんなに高校や大学で頑張っても、どんなに高い身体能力を持っていても、それを生かせる職業がない状態です。本当にもったいないことだと思います。


今は取材活動をしてブログを書くといった形で男子新体操と関わっていますが、取材とブログを目的に活動しているわけではありません。あくまでも男子新体操をメジャーにする方法を見つけるためのきっかけとして取り組んでいます。取材とブログを通して色々な方と出会い、色々と勉強をしながら、自分にできることを探していきたいと思っています。


――今後の男子新体操の展望とご自身の夢への挑戦についてお教えください


横:もともと大会数が少ないのですが、2009年には国体種目から外されてしまうため、状況的にまた厳しくなっていきそうです。でも、競技人口は地道に増えてきていますし、ここ数年、子どもの頃からジュニアチームに通っていた選手たちが高校に進学してきて、競技内容のレベルが上がったりと、全体としては良い傾向になってきています。8月にはNHK教育で初めてインターハイが放映されました。男子新体操の面白さは、動いているところを見てもらわないことには分らないと思うので、今後も試合などがTVで放映される機会が増えていけばと考えています。


私にどんなことができるのか、どんなことをすればいいのか、まだまだ模索中ですが、男子新体操をメジャーにするという夢を達成するまで、あきらめずに続けていきたいと思っています!


男子新体操-輪


11月23日(金・祝)~25日(日)に、東京・千駄ヶ谷の東京体育館で全日本選手権が開催されるとのこと。「男子新体操は死ぬまでに一回は見ておいて損はないスポーツです!関東圏の方はぜひ足を運んでください!」と横田さん。男子新体操を生で見られるまたとないチャンスです!また、下記のサイトで動画を見ることができますので、男子新体操に興味を持たれた方はぜひご覧ください!


■「日本体操協会」サイト:第59回全日本新体操選手権大会


インタビュー当日も、「実は今、大分にいるんです!明日も取材に行く予定です」と言っていた横田さん。「男子新体操をメジャーにしたい!」という横田さんの熱意と行動力には、まさに“夢”“挑戦”という言葉がぴったりだと思います。「夢×挑戦ブログ」は、横田さんの夢、そして男子新体操をこれからも応援していきます!


『reportage』

9月 28, 2007 参加者インタビュー |

投稿されたトラックバックは一時的に保留された後、公開されます。なお、誹謗中傷や、悪意のある書き込み、営利目的など事務局が不適切と判断したものについては掲載されない場合がありますのでご了承ください。

トラックバック一覧

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199627/16596759

この記事へのトラックバック一覧です: 参加者インタビュー第22弾~男子新体操をもっとメジャーに!: