夢×挑戦ブログ>夢×挑戦応援団夢×挑戦ブログトップへ

夢×挑戦応援団最新情報

カテゴリ

  • 新たな挑戦者を紹介!
  • ブログピックアップ
  • 参加者インタビュー
  • 団長のひとりごと
  • 著名人応援メッセージ
  • お知らせ

最近のトラックバック

« 「夢×挑戦」投票、第二回受付スタート! | トップページ | “芸術の秋”本番! 芸術家たちの「夢」×「挑戦」は? »

2007/10/05

参加者インタビュー第23弾~天然キノコ料理が味わえる店を目指して!

『夢×挑戦ブログ』応援団のアライです。


「参加者インタビュー」第23回目は、『女将、今日も走る!』のまつもとちあきさんをご紹介いたします!まつもとさんは、天然キノコなどをメインにした創作料理のお店の女将さんで、現在はお店の移転再開を目指して、天然キノコについて日々勉強中とのこと。新しいお店や天然キノコについて、色々なお話をお聞きしました!


「きのこたっぷり白馬の森」パスタ


――まつもとさんが挑戦している夢についてお教えください


まつもとちあきさん(以下、ま):大阪の阿波座で4年半続けたお店を今年の3月に閉め、現在はチーフである夫とともに、移転という形で再開を目指しています。もともと「体に優しく心に優しい料理」をモットーに、キノコとスローフード・創作料理のお店を営業していたのですが、お客様にもっと喜んだり感動してもらえる料理が出せるよう、今は天然キノコやキノコ料理について勉強中です。


――天然キノコは前のお店でも出されていたんですか?


ま:お店を始めてから2年目ぐらいに、キノコ栽培をしている業者の方が山で採ってきたばかりのキノコを送ってくださるようになり、食べてみたんです。最近はスーパーでも色々な種類のキノコが売られるようになってきましたが、天然キノコはさらに種類が豊富ですし、味も香りもまったく違うんです!本当に美味しいし、お店のモットーにも合うヘルシーな食材でしたので、お客様にも出すようになりました。キノコとともに、豆腐や蕎麦、ダチョウの肉といったヘルシー食材を使っていたのですが、一昨年頃からお客様の間で「天然キノコの料理が食べられる店」という評判が口コミで広がり、だんだんと天然キノコがメインになっていったんです。昨年は、自分で採ってきた天然キノコも出したところ、大盛況となりました。「今日はこんなキノコがあります」とブログに書くと、そのキノコを目当てにお客様が来店してくださったりしていたんですよ。


――お店ではどんなキノコ料理を出していたんですか?


ま:うちの店は特に洋食の創作料理を主としていますので、オムレツやソテー、グラタン、秋になると「きのこたっぷり白馬の森」という20種類のキノコを使ったパスタなどを出していました。キノコは種類をたくさん使うほど色々な味が出てきて美味しくなるんですよ。あとは、チーフのおまかせ料理を売りにしていましたので、お客様のお好みを聞いて様々なアレンジの料理を出していました。街中で天然キノコを出すということ自体が珍しかったようですが、キノコ料理というと皆さん和食料理のイメージがあったようで、洋食のキノコ料理というのも新鮮だったみたいですね。ヘルシーさを求める女性のお客様にも好評でした。


――最近は、キノコ観察会などに積極的に参加されているようですね


ま:日本キノコ協会という団体があるのですが、そこに所属している様々な会が開催しているキノコ観察会に参加させてもらっています。日本キノコ協会と出会ったきっかけは、昨年3月頃に新聞で「MOOKきのこ」という本が出ていることを知り、取り寄せたのがきっかけです。その本の編集先が兵庫県神戸市灘区王子公園にある日本キノコ協会で、編集発行人の方がたまたま私と同じブログサービスを利用されていたので、思い切ってメールで連絡したことから交流が始まりました。


ちょうどその頃、「天然キノコを自分で採って店で出したいけれど、毒キノコもあるのでうかつに出せない、どうしたらいいものか」と考えていたんですが、日本キノコ協会を通じて、天然キノコに詳しい“キノコの達人”の方たちと知り合うことができました。今では天然キノコが採りたい時には、キノコの達人の方々にキノコ狩りに連れていってもらっています。日本キノコ協会とはすごく良いタイミングで出会うことができたなと思います。


――天然キノコの勉強やお店再開の準備はいかがですか?


ま:キノコを知るには、生物学、菌類学、植物学、地学、気象学などの自然科学の基礎知識が必要だそうです。特に毒があるかないかの識別は、ある程度の勉強が不可欠なようです。移転先の物件は、何回か見に行ったりしていますが、なかなか納得のいくような物件は見つかりませんね。でも、次のお店の飛躍のためにも、あせらずにじっくりと勉強や物件探しをしていきたいと思います。一旦お店を閉めることになったのも、勉強をするために必要な時間をもらったんだと思っています。


もちろん、時には気持ちが後ろ向きになってしまうこともあるんですが、お店の再開を待ってくださっているお客様からブログにメッセージをいただくことがあって、すごく励みになっています。


――今後はどのように夢に挑戦されていくのでしょうか?


ま:最終的にはもちろん、お店を再開するのが夢です。かならず復活したいと思っています。新しいお店では、キノコのことをもっと知りたい人のために講師を招いてキノコ講習会を開いたり、キノコの写真展・アート展を開いたり、キノコ狩りに参加したい人たちのための案内所的な役割を担ったりと、キノコが好きな人、キノコ料理が好きな人たちが交流できるお店にしたいと思っています。


また、キノコ料理の本の出版も考えています。「キノコはどうやって料理すればいいの?」と聞かれることが良くありますし、キノコ料理のレシピ本ってなかなかないんですよね。あっても和風料理だったり、山で採った天然キノコをその場で食べるような方法だったりと、プロの料理人による洋風のレシピが載っている本格的な本がないんです。料理をメインにしたブログもありまして、そちらでは今までにお店で出したメニューや勉強がてらチーフが作った新しい創作料理を発表しているのですが、キノコ料理だけでもすでに90種類以上発表しています。もっとたくさんの人にキノコ料理を知ってもらうためにも、チーフのレシピを本にできればいいですね。


キノコの女王さま キヌガサダケ


味覚の秋の始まりにふさわしい今回のインタビュー。記事を読んでいるうちに、天然キノコに興味をもたれたり、食べたくなってしまった方も多いのではないでしょうか?関西方面のお住まいの方は、まつもとさんのお店が再開された際には、ぜひキノコとスローフード・創作料理を味わいに足を運んでみてください!


『女将、今日も走る!』では、同じように飲食店を経営されている方たちと情報を交換するなど、お店再開のためにもブログを活用しているというまつもとさん。着々とお店再開に向けて歩んでおられますね!「夢×挑戦ブログ」も、まつもとさんのお店が再開されることを楽しみに待っています!


『女将、今日も走る!』

10月 5, 2007 参加者インタビュー |

投稿されたトラックバックは一時的に保留された後、公開されます。なお、誹謗中傷や、悪意のある書き込み、営利目的など事務局が不適切と判断したものについては掲載されない場合がありますのでご了承ください。

トラックバック一覧

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199627/16665460

この記事へのトラックバック一覧です: 参加者インタビュー第23弾~天然キノコ料理が味わえる店を目指して!:

» やさぐれ勝の恋 五 トラックバック 放浪舎
      五  話を元に戻そう・・ 銀蔵が懲役を終え、その子がやっているクラブ [続きを読む]

受信: 2007/10/07 20:00:53